フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES

第55話 ADSL導入記

2001.06.06 12:00 PM

Share
石田宏樹写真
ADSLの設置工事をする石田氏

ADSL導入記

ReSET.JPの開始に伴い,我が家でもReSET.JPのADSL(TYPE1)を導入してみた。いくつかノウハウとなることもあったので,今回は導入記をご紹介したい。

これから,ADSLを導入される方は一読の価値はあるのではないだろうか。

1.申請

ReSET.JPの申請ページから申し込みを行う。ADSL申請はダイヤルアップ申請と異なり,工事の区分やビルの種類などの情報も必要となる。工事区分はビルによって管理方法が違うので事前に大家さんなどに確認しておいたほうが無難だろう。

2.工事日決定の連絡

TYPE1の場合は,ReSET.JPの場合で3〜4週間で開通となっている。僕の場合は,ISDNからアナログへの変更があったので,+1週間ほどかかる。工事日は,6月1日となる。偶然,ISDNからアナログ切り替えと,ADSL局内工事が同時の日に出来た。これはラッキーだった。ISDNからの切り替えでは,電話番号が変わってしまう場合があるのが難点。


3.工事日前日

前日に,アッカネットワークスからスプリッターとADSLモデム(ルータータイプ)が送られてきた。ReSET.JPからは設定書類や説明書が送られてくる。内容物を確認。スプリッタはどんどん小さくなっているね。

4.工事日

午前中は自宅で仕事をする用事があったので,午後を指定する。出社していたら,NTTから電話があり「今から工事します」との事。工事後に,自宅に電話をしたら「番号が変わりました」とのアナウンス。アナウンスを聞いて,無事切り替わっていることを確認。帰宅後,設定を行う。スプリッタを,モジュラージャックに繋いでADSLモデムと,電話に分岐。ADSLモデム側へのケーブルは極力短いものを使ってノイズ軽減を図る。パソコンから設定ツールを使ってIDとパスワードを入力。あっさりとつながる。家庭内はAirport(米国購入)を使っているが,こちらもブリッジ設定なので何の問題もなく動作する。約15分で完了。大げさなシステムの割には,とても簡単だった。


ここで,ReSET.JP自慢の速度切り替えシステムを試してみる。

  ※ReSET.JPでは標準では256Kpbs接続に設定されている


まず,いくつかのサイトを繋いでスピードをチェックしてみる。
256Kbpsモードで,240Kbps出ていた。

  ※256Kbpsモードは,ATMヘッダ部分を「外だし」しているので,
  かなりの速度が出るようになっている


ReSET.JPのサイトより,「R-Switch」をダウンロードして1.5Mpbsモードに切り替える。なかなか速度が出なかったので,以下のことを試してみる。

・スプリッターから電話機に行っている線を抜く
・電話線と電気線の位置を離す

この二つで,60Kbps程速度が向上した。やはり,シビアなテクノロジーだと認識した。MTU値を調整するという手もあるようだが,Win2000の場合はあまり関係ないとの事で今回は利用しない。また,ここで一つ問題。電話がかかってきたらインターネット接続が切れてしまうのだ。これは,マンションの保安器が6PTというものだった場合に発生するとの事。113に連絡して交換を依頼する。

現在は,非常に快適にADSLを利用しているが,やはり会社で実験で使うのと自宅で使うのでは全然「わくわく感」が違うものだと感じた。久しぶりに,わくわくしながら環境設定をしたり,サイトを訪れたりしてしまった。DTI時代にRT100iを利用したISDNのLAN型ダイヤルアップを導入して以来4年越しの接続環境の変化であった。256Kbpsという速度も日常利用には全く不自由なく快適に利用できている。これで3950円とは良い世の中になったものだと実感した。

数年前に,世界で最初にシンガポールで本格運用されたADSLを見たときは,本当にこんなものを日本の家庭に導入できるのかと思ったものだったが,ずっとスマートなカタチで,速度切り替えまでも組み込んでサービスとして導入できたことを少し誇りに思った。


5月22日(火)
午前中は,ReSET.JPの件でいくつか調整。結構時間を取られる。昼,某社の某氏来社。事業内容のプレゼンテーションを伺う。非常に興味深い内容だった。FreeBit.Comのビルディングブロックがフルに生かせる内容だった。こちらも某会長のご紹介。夕方,通称「秋葉プロジェクト」の第一回ミーティング。夜,ADSLの速度切り替えソフトである「R-Switch」のテスト。「R-Switch」のリリースは28日予定。夜は,中国遠征組みとの食事会。

5月23日(水)
時間をかけて,某プロバイダ向けの資料を作る。夕方某社プロバイダを訪れて商談。夜,「秋葉プロジェクト」の社内ミーティング。

5月24日(木)
朝は,たまっていた資料を一気に読む。昼,某社の方が来社。非常に興味深い話を聞く。こちらも某会長のご紹介。夜,米国に行っていた知り合いがオフィスに尋ねて来る。とても懐かしく,みんなで「魚真」で食事。楽しい時間を過ごす。深夜,ReSET.JPのWebサーバに少し不具合。久しぶりの障害対応となる。すぐに復帰。

5月25日(金)
朝は,ReSET.JPへの問い合わせメールに目を通す。どんどん問い合わせが増えている。昼,OpenBit.Netの今後の戦略に関してのミーティング。非常に全てのプロジェクトのチューニングがあってきている。手ごたえを感じる。夕方,ReSET.JP ADSL BasicプランのファーストユーザーがADSL無事開通! ほっとした。夜は,ユーザー向け発送物の最終の詰めを行う。詳細のサービス案内などをお送りする予定。

5月26日(土)
少し出社して,藤沢宅へ戻る。車内では,リーナス・トーバルスさんの本を読む。「人生の意味」というところがとても興味深かった。藤沢に着いて本日より開始の「JSA」を見に行く。なかなか面白かった。ただ,喉がイガイガしてきて風邪の予感。王将で餃子を食べてスタミナをつけて帰宅。深夜に発熱。

5月28日(月)
熱が下がらないので,今日は自宅で仕事。まいったなぁ。
でも,たまっている本が読めたので良かった。夕方からリハビリをかねて近所のお店まで夕食の買出しに行く。早く復活したい。夜は,ReSET.JPの問い合わせメールに目を通す。ふむふむ。

2001.06.06 12:00 PM||






Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.