フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES

第123話 オフィス引越しプロジェクト 準備編 その2

2002.11.14 12:00 PM

Share
ishida
新オフィスの模型作りに没頭する石田氏


以前より何度かお話してきたかと思うが,いよいよオフィスの引越しプロジェクトが佳境となってきた。引越し先のオフィスビルも既に完成しているようで,前を通るだけでうきうきしてしまっている。

今回のオフィスは,

 ・働く場
 ・集まる場
 ・表現する場

という事をテーマにプランニングを行ったが,以下のような進捗状況である。


 ・働く場

  各部署に対して「オフィスに求めること」についてのアンケートを実施し,机の配置,備品,そしてパーティション作りなどを一つ一つ検証。部署によっては,マネージャーに他のオフィスの見学に行ってもらい,イメージを高めてもらった。また,部署ごとのコミュニケーションルートを考えた導線を設計した。

  さらに,我々のような動きが激しい会社の場合は,小さな部署変更は行われる可能性が多いので,物理的な制限を受けないように,内部LANや電話機等は極力ワイヤレスの設計となっている。

  そして何より,全部署がワンフロアーに集まれるということが最大のメリットであり,うれしい点である。ひとつの空間を全スタッフで共有できることはこの規模の会社のメリットでもあるので,このステージにおいては十分メリットを享受していきたいと思う。


 ・集まる場

  プロジェクトルームというものを二つつくり,外部の人々と様々なプロジェクトを共有することが出来るようになっている。オフィス空間とは別のセキュリティシステムを持ち,プロジェクトにあわせた柔軟な利用が可能となっている。プロジェクトが動いていないときは,単に会議室として利用することも可能。


 ・表現する場

  大会議室が,机の配置転換でプレゼンテーションルームにもなり,研修施設にもなるように設計した。ここでFreeBit.Comを表現するプレゼンテーションや,プレス発表も可能となるし,様々な社内教育プログラム,外部の方々に対してのセミナーなども開催することが可能となっている。

  また,エントランスでFreeBit.Comのイメージを「感じる」ことが出来るように色々と努力をした。


これが現時点の「目論み」である。実際に施工を行って利用してみてどのように機能するか始めて分かるが,今回のオフィスは,費用は極力かけずに,スタッフの知恵を絞った手作り感の強いオフィスになっている。

収益ベースでは,念願の月次での黒字化も達成し,新しいオフィス,そしてもうひとつ新しい●●(後日ご案内予定)がそろい,FreeBit.Comの次のステージに入る事に相応しい「マイルストーン」なのだと思う。


ダイアリー

10月31日(木)
朝,SONY安藤社長から携帯に電話をいただく。SONYでのあるプロジェクトに関しての打ち合わせ。そして,CoCoonでの働きに対してのねぎらいの言葉をいただく。本日,livedoor社が民事再生を申請。この件に関して連絡がたくさん入る。14:00からオフィスデザインに関してのミーティング。その後は,オン・ザ・エッヂとの広報発表の準備。15:30東証「兜倶楽部」にてオン・ザ・エッヂの記者発表に同席。技術的な内容に関しての質問の対応。オフィスに戻ってきて,ミーティング数件。オン・ザ・エッヂからの受託を受けた,livedoorネットワーク構築に関してひたすらミーティング。この期間でのユーザー移行はインターネット業界始めての大プロジェクトになると思う。今までの経験と緻密な計画によってお客様に迷惑をかけることなくスムーズな移行を行う事を決意。

11月1日(金)
livedoorにて数週間に渡り,接続障害,メール障害が発生していたことを把握。オン・ザ・エッヂ,livedoorから障害復旧に向けた全権委任状を受け取り,FreeBit.Comエンジニアと共に,僕も直接livedoorに出向いて現場で緊急対応を行う。オン・ザ・エッヂからも山崎氏が救援に駆けつけてくださり,両者で対応方法を吟味して緊急対応に入る。認証負荷を下げるシステムを構築して,夜までにはPPP認証問題を100%解決する。一安心。そのまま夜を徹して,メールシステムの復旧に取りかかる。

11月2日(土)
5:00頃livedoorメールシステムの負荷を下げるプログラムが完成,すぐにテストに入る。大泉さん大健闘。オン・ザ・エッヂと連絡を取りつつ慎重に導入時期を検討。13:00より新システムを一部稼動。サポートセンターとホットラインを引き,苦情の増減を確認。14:00から全面稼動。メールサーバ問題を完全に解消した。livedoorのお客様からの苦情も一気に減る。一安心。その後は経過を見守る。今週は,藤沢宅へ戻る予定だったが休日は完全返上でがんばる。

11月3日(日)
本日は,livedoorサポートセンターの状況をモニタリングしながら,Sonyユニバーシティでの講演用のメモをまとめる。その後SAISONとのプロジェクトに関してのメモ作成。さらに,ReSET.JPの戦略メモを作成。夜は,「神泉パーラー」にて夕食。

11月5日(火)
午後一番で,オン・ザ・エッヂにてlivedoorに関してのミーティング。週末の障害対応の状況の報告と,これからの方針に関して内容を詰める。その後,堀江氏とビジネス誌の取材を受ける。今回の経緯に関して,方針に関しての内容。僕は,ネットワークの運用に関してのご説明。夕方,日経ネットナビの取材。18:00より御殿山ヒルズにてSONYの某案件に関しての打合せ。方針がきっちりと決まってとても分かりやすくなった。しっかりと進めて行きたい。夜は,田嶋君,櫻井,みくちゃんと「めるろーず」で夕食。新しい広報体制などに関しての話をする。

2002.11.14 12:00 PM||






Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.