フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES

第135話 ソウル雑記

2003.03.20 12:00 PM

Share
韓国視察で様々な刺激を受ける石田氏。 (左)電気街にて (中)ビジネス街にて (右)集合住宅を見渡して


以前少し書いたと思うが(※),市場調査のために韓国へ出張してきた。急遽スケジュール変更があって,2泊3日の駆け足視察となったが,多くの刺激を受けることができる視察となった。

・ネットワーク事情

 うわさには聞いていたが,ものすごいブロードバンド普及率であった。合計1500万世帯の中で,既に1000万世帯がADSLもしくは,CATVによるブロードバンド化が完了していており,年内には1200万世帯に達するということである(普及スピードはさすがに鈍化している)

 ここまで普及した理由としては,安価にADSLが利用できたからと言われているが,現在の価格で,4Mbpsで3600円程。物価の差を考慮に入れると5000円〜6000円となる。現在では,日本のほうが圧倒的に安く展開できている事になる。

 韓国では,人口が都市部に集中し,その上集合住宅化が進んでいるのでブロードバンド化が安価に達成できたと言われている。実際,訪れてみることで,集合住宅化の凄まじさを「実感」できた。空港からソウルの中心部までタクシーから目を皿のようにして探したが,本当に一軒も一戸建ての住居を発見することができなかった。(おそらく見逃しているのだと思うが,それほどすごかった)

 人口の3割〜4割がソウルに集中し,全人口の60%が集合住宅に住んでいるとの事。この集合住宅も低くても15階以上,一棟あたり100世帯以上を収容している。日本の地方の局舎よりも集約率が高いのである。その集合住宅まで光ファイバーを引き込み,アパート内にADSL設備を設置している。その為に,ADSL特有の距離の問題も極めて少なく,低コストでの運用が可能となる。

 これだけ有利な条件をそろえている韓国においても,ADSL事業者は非常に採算が苦しいということである。一時期破竹の勢いを示したHanaroも現在は新規投資を止めて投資回収に努めているということである。

 日本のADSL提供価格が,松下幸之助氏が言われるところの「適正経済価格」なのか考慮しなければいけないと思われる。

 コンテンツとしては,一にも二にも「ネットワークゲーム」であった。また,テレビ局がドラマなどを放送翌日には50円程でストリーム放送している事もあり,ストリーム系コンテンツも非常によく利用されているようであった。

 また,CDMAが全盛でインターネット対応携帯の普及率もきわめて高い。携帯電話のデザインもスタイリッシュでこの部分は日本と殆ど変わらなかった。日本で,CDMA国際ローミングできる機種は1機種しかないが,韓国ではかなり多くの機種を選ぶことができた。


・その他

 収入は日本の6割ほど,物価はその分安いが,家電製品や家賃など,殆ど変わらない部分もあった。CDやDVDは安いが,本などは殆ど同じように感じた。日本以上に学歴社会が徹底されていて,代表的な大学出身以外は出世が難しいために,それ以外の大学出身者はチャンスを求めて海外に流出してしまうという状態が続いているとの事。

 一時期経済危機に陥ったが,現在は復活しGDPで5%程の成長を続けている。国民性として,資金運用を自ら行う資質があるために,お金は非常によく回っている印象を受けた。

 サムソンを初めとするとても元気な企業が国を引っ張っており,国全体に活気を感じた。これらの元気のいい,韓国企業は「選択と集中」「実力主義」が徹底されており,どちらかというと米国の文化に近い印象を受けた。

 他国を見ることで,自国を「相対的に」見つめなおすことができる。明確に現在の日本のポジション,日本のマーケットを捉えることができた。

 日本は,今からが本当の意味で「踏んばり時」だと肝に銘じた。

(※)第133話 「次フェーズ」の戦略立案作業中!


ダイアリー

3月6日(木)
Feel6 Farm 発表会でかなり疲れていたので,午前中は静養。午後から,たくさんいただいている取材依頼への対応方針を決めていく。その後は,某社との提携案件に関して詳細をミーティング。面白いパートナーになりそうだ。わくわくしてくる。夜は,恩師の方とお食事。近況報告の後いくつかお願い事をする。快諾してくださる。大変良いお食事会になった。

3月7日(金)
出社後田中さん,佐野さんと打ち合わせ。今日中にある案件に関してゴールに達する事で役割分担を行う。その後,ミーティング数件。時間が空いたので,資料を探しにブックファーストへ。15:00から某出張に関しての事前ミーティング。アクションアイテムをしっかりと整理をする。その後,CEO室メンバーと今後のスケジュールに関しての打ち合わせ。その後,朝設定したゴールに向かっての話し合い。誠心誠意話し合う。無事決着。。0:00を過ぎて田中さんとおすし屋でお食事。

3月8日(土)
某出張の為の事前準備。資料を読んだり,施設を見学に行ったりする。ほぼ状況はつかめた。でも,ヘトヘトに疲れてしまう。

3月9日(日)
今日は1日使って,最近の技術的内容の勉強を行う。IPv6,Windowsの技術,新しい言語技術等の論文を流し読みして,状況をつかむ。夕方から,AOLが発表したAOL Communicator等を試してみる。ふむふむ。いくつか,技術的なメモを書いてみる。夜は,「ポット&ポット」で一人寂しくカレーを食べる。。。

3月10日(月)
午前はメモ作成。午後SONYにてミーティング2件。オフィスに戻って,Feel6に関しての取材を受ける。14:00から昨日作成した技術メモに関してエンジニアと意見交換。更に深く理解する。16:30よりFeel6 Farm利用状況のフォロー。かなり簡単に利用できるようにしているが,プラットフォーム制限が効いているようで,うまく利用できていないユーザーもいらっしゃるようだ。更にスムーズな入会と利用ができるよう準備を行う。17:00会社のCI戦略に関しての打ち合わせ。17:30採用面接一件。18:00韓国某社社長が来日。日本の状況を説明した後「権八」にてお食事。楽しい意見交換になった。その後,スタッフと別の場所でミーティング。

3月11日(火)
起床後,コンサルティングシートの修正。出社後一件外部の方とのミーティング。こちらもうまく対応できるといいと思う。誠意を持って対応するよう指示をする。その後,IE本部ミーティングの準備。13:00IE本部ミーティング。本部メンバーに現在会社で進んでいるプロジェクトなどについて直接話をする。また,技術的な方向性に関しても話をする。貴重なミーティングとなる。少し時間が空いたので,確定申告を作成。原稿執筆分などを申請する。オンラインで作成できるので非常に便利。来年からは申請自体がオンラインでできるとの事。15:00ソニーコリアの方が来社。先日渡韓の際に大変お世話になったので,今度は日本の状況などに関してお話をする。17:30より会社内のCIプロジェクトに関しての打ち合わせ。一度家に戻って出張の準備。19:56のぞみにて某場所入り。ホテルにチェックインして,お好み焼き屋でお食事。部屋に戻ってメモを作成。ブロードバンドの調子が悪いので,フロントに電話。結局こちらがサポートしてあげることになる。。。

3月12日(水)
7:00に起きて,本日のメモを作成。ホテルで朝食,パンと卵とサラダで2500円。。。10:00より某社にてミーティング。ヒアリングを中心にセッションを行う。真剣なセッションだったために,終わったあとはへとへとになる。その後お食事。大変楽しいお食事会になる。

3月14日(金)
昨日は某場所から戻ってきて,そのまま仕事を行ったのでちょっと疲れがたまる。午前中はゆっくりと資料などを読んで過ごす。午後一番で取材一件。それから,打ち合わせ二件。その後,某ISPを訪れて採用いただいたお礼とこれからの協業に関しての打ち合わせ。面白いチームになるのではないかと思う。オフィスに戻ってコンサルティング案件の打ち合わせ。その後,あるミッションに関して僕が引き受けるか否かの打ち合わせ。直接行うことにする。

2003.03.20 12:00 PM||






Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.