フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
FreeBit

Click to Live リリース!

2006.06.05 12:01 PM

Share
20060605.jpg

本日、フリービットの商品である「Click to Live」の試験サービス開始の
プレスリリースを行った。

プレスリリース
フリービット、“事前インストール不要のWeb電話”「Click to Live」を試験提供開始

Click to Live とは、一言で言うと「インストールがいらないWeb電話」
である。ブラウザーからワンクリックで直接、OfficeOneIPビジネスホン
環境に電話をすることが出来るのである。

今までブラウザーでのマーケティングは、文字、画像などの
静的な情報に頼ってきたが、このサービスによって、直接ブラウザー
から電話のコールセンターに接続を行うことが出来、音声による
双方向コミュニケーションを取ることが出来る。その音声は、
通常のIP電話と異なり、完全な暗号化のかかった経路で
センターまで運ばれる。

電話によるマーケティング&セールスと、Webによるマーケティング&
セールスを融合させるユーザビリティを持つサービスとなっている。

技術的には、Emotion Link Active NodeというEL-UA(Emotion Link
Ubiquitous Architecture)
の新コンポーネントと、OfficeOne IPビジネスホン
開発した、SIPシステムによって実現されている。

Emotion Link Active Nodeは、IPスタックとEmotion Linkを融合した
システムで、アプリケーション自体がEmotion LinkからIPを取得する
という今までにはない概念のインターネットのアーキテクチャーと
なっている。

PC(ネットワークインターフェース)ではなく、アプリケーション
自体がIPを取得し、自律ノードとしてインターネット上で活動を行うわけだ。

このアーキテクチャーに関しては、実は事前に恩師である慶応大学村井先生に
ご相談を申し上げた。その際に先生は「これも新しいアーキテクチャーとして、
大いにアリだ!」と心強いお言葉をいただいただけでなく、翌日の講演でも
こういう取り組みに関してお話していただいていた。

このClick to Liveは、ブラウザー上で動作するClick to Liveの
アプリケーション自体がIPアドレスを取得し、自律ノードとなる。
その、自律ノード自体にSIP-UAも組み込まれていて直接の
コミュニケーションを実現する。

ブラウザーのジレンマを超えて、フリービットなりのWeb2.0の回答
どんどん実現していきたい。

このサービスは、今週開催のInteropでも展示予定となっています。
是非とも、会場へお越しの方は、ご覧ください。

2006.06.05 12:01 PM|TrackBack(0)|FreeBit


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/109




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.