フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
Column

非連続な発想

2006.10.18 10:42 AM

Share

C-Netを眺めていたら、"Sun to unveil data center in a box"という記事を
見つけて大変衝撃を受けた。

20061018-blackbox.jpg

この”Data Center in a BOX" は、一般規格の”コンテナ”サイズで出来ていて、
適当な場所において、電源、ネットワーク、冷却用の水を”attach”するだけで
稼動し始めるという事。

空気清浄機と除湿のシステムも付属していて、10トンの機材を収納できる。
9Gのショック、6インチの落下にも耐え、重ねる事も出来るとの事。

極度なweb依存のアーキテクチャーによる、センター集中(web進化論でいう”あちら側”)が
進んだ結果、世界中のデータセンターで電源不足問題、熱問題などが指摘されてきている。
電気や水の供給は一朝一夕で増やす事は出来ない。

このシステムがあれば、バックアップ用設備や、冗長化設備の一部などを、
余剰能力を持つ供給地に近づけていく事が可能になるかもしれない。

コンテナの規格の衝撃は、ヤマト運輸元社長の故小倉昌男氏が”経営学”の中で
書かれていたが、ネットワーク屋的に言うと船やトラック、列車という
Transportationレイヤを抽象化してしまう。また、コンテナ自身が倉庫となる
更地にでもそのまま置けてしまう。

リソース問題だけでなく、リモートデータセンターとしての活躍も出来るだろう。
中央の人材を利用して、同一規格でセットアップをし、そのまま運搬し、
”attach”するだけで稼動を始める。プラグアンドプレイのデータセンター運営が
可能になるかもしれない。データセンターの稼動も格段に早くなるはずだ。
税関を超えられれば、海外展開なども大変容易になってくるだろう。

SUNは以前にもこのようなプランを検討していた事は記憶しているが、
膨大なサーバが必要となっている現在の”再チャレンジ”は理にかなって
いるように思える。

既存の概念ではなく、非連続な発想とは本当に大切だと思った。

日本のインターネットブランドのロゴが入った、コンテナがたくさん世界の
船着き場に積み上げられている日を夢見てしまった。

2006.10.18 10:42 AM|TrackBack(0)|Column


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/182




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.