フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
Today

クオンタムリープ主催「鯉のぼりの会」に参加

2007.04.20 09:38 AM

Share

今日は、午前中はデスクワークをしてから、午後一番で出井さんの
クオンタムリープ社主催の第二回「鯉のぼりの会」に参加して、
ベンチャーの方々を相手に講演をさせていただいた。

20070419-koinobori2.jpg.JPG
出井さんのオープニングスピーチで会がスタート

このような講演をお引き受けすることは滅多に無いので、自然に気合も入る。

「鯉のぼりの会」は、クオンタムリープ社の設立目的のひとつである、

「若手経営者と熟練したCEOとのコラボレーションによる新価値創造」

の一環として、開催されている会である。

僕の講演は以下のようなお話をさせたいただいた

1.自己紹介

2.出井さんとの出会い(出井塾で学んだこと)

 ・VISIONの構築とその方法
 ・VISIONの理論化と理論化による組織への浸透
 ・経営リソースの確保
 ・具体的施策の「運用」方法

3.そもそもITとは?

 ・インターネット=ブラウザーではない。
  ”ブラウザのジレンマ”からインターネットを開放するのが
  自分とフリービットの使命
 ・インターネットは、BB化、Ubiq化、Semantic化と進化する
 ・Semantic化時代における「情報の意味」と想定されるアプリケーション例
 ・そもそもITビジネスの根幹とは、最小単位がatomからbitに変わること。
 ・bitの価値は、コピー単価(再生産性)とロジスティックス単価(輸送)が
  限りなく0に近づくことである。
 ・IT企業の定義

4.上場に関して

 上場審査の最終工程である、社長面談で東証の役員の方から
 いただいた言葉をご紹介

メンバーの方々も大変優秀な方がおられて、Q&Aのセッションもとても
知的興奮の得られる時間となった。

20070419-koinobori.jpg.JPG
活発なQ&Aセッション

・ロボット技術によるユーザーインターフェースの可能性は?
・BB時代における映像製作の主役は?
・システム開発における、「連続」と「非連続」プロダクト
・「イノベーションのジレンマ」の実例
・日本のIT時代における人材育成の考え方とは
・ASPとSAASの今後の展開に関して

などなど。それぞれの内容でブログが書けるような大変面白い
質問だった。回答を含めて順次ご紹介していければと思っている。

また、フリービット自体のビジネスのコラボレーションも生まれそう
であった。本当にいい会だった。

2007.04.20 09:38 AM|TrackBack(0)|Today


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/256




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.