フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
FreeBit

SiLK VISION 2010(中期経営計画) その2

2007.06.13 10:44 AM

Share

[SiLK VISION 2010 その1]に続きまして、
6/11に発表しました、SiLK VISION 2010の中でも
「ハイブリッド戦略」を中心にご説明させていただきます。

[2007年4月期決算、中期ビジョン資料]
http://www.freebit.com/ir/pdf/2007-06-11_2.pdf


4.ハイブリッドモデル(B to C/B)での計画

SiLK VISION 2010 で新しく追加された、ビジネスフレームです。

フリービットは、今まで「スペシャリストモデル(B to C via B)」のみの
展開でしたが、前述の通り、事業における「Control Own Destiny」の
比率を上げていくことで、リスクを減らしSiLK VISION 2010 の達成を目指します。


そこで核となるのが「ハイブリッドモデル」戦略です。


20070611-s-43.JPG

ハイブリッドモデル戦略とは、一言で言うと

「新世代ISPとしてフリービット自身がコアコンポーネントAPIを  組み合わせて、ブロードバンド商品とユビキタス商品を  セットとして、直接CとBに提供すること」

ということになります。


ハイブリッド戦略の具体的な遂行方法としては、

「ISP(インターネット接続業者)ビジネスの資本提携を用いた再定義」

を想定しています。


理由としては、

・ISPビジネス構造は10年以上変化が無い(部分最適化のみの変化)
・インターネットライフには必要不可欠な存在である
・10年前とは必要な技術も、要素も異なってきている
・安定して利益が出るビジネスモデルであるので再投資が可能
(平均15%~25%の経常利益率)
・顧客との継続的課金契約を保有している
・社会のユビキタス化、セマンティック化を実現する為には核となる存在
・顧客のインターネットライフのインフラ自体を担っている
 (各コンテンツは、このインフラの上で動いている)

そして何より、我々が最も知見の深い分野であり、
資本提携などに関してもリスクが少ない事が上げられます。

20070611-s-64.JPG

2001年にAppleの Steve Jobs氏は、「Digital HUB構想」を発表し、
Mac(PC)はあらゆるデジタルデバイスの媒介となる「HUB」になると
定義し、今日のPC自体の方向性を形作りました。この構想に基づき
Apple社は、iTunes & iPod、iMovie/DVD、さらにはiPhoneを生み出し
ました。

[Digital HUB]
http://www.pc-view.net/word_id-1103.html


# 2001年僕は、この「Digital HUB構想」が発表されたその場にいました。
# その内容に衝撃を受けるとともに、それをネットワークの世界に広げる
# 事が必要になる時が必ず来ると直感しました。
# その後、ソニーとの提携によって様々なソニーブランドのネットワーク家電開発に
# 携わり、その「直感」は「確信」に変わりました。そこで、自社リスクを負って
# 第5期に赤字まで計上して強い信念で開発したのがEmotionLinkとなっています。


フリービットの「ハイブリッド戦略」では、この「Digital HUB構想」を
EmotionLinkのOverlay Internet技術によってユビキタスネットワーク
空間に拡張し、「Ubiquitous HUB」と定義しました。

EmotionLinkによる「Ubiquitous HUB」では、当然つながるものは
PCだけではなく、家電、センサー、カメラ、携帯電話などなど様々な
デバイスが、PCを経由して、「新世代ISP」自体をHUBとして、
PCを介することなしに直接相互に接続されます。


20070611-s-65.JPG

# 例えば、自宅のPCに携帯電話から「電話」をかけて、音声で
# 「○○のファイルを携帯電話と、会社のPCに転送」と指示を
# 出すだけで、そのとおりに作用するようなことが可能に
# なる事を目指します。
# (技術的からくりは、後述の「中期技術ビジョン」でもご説明します)


フリービットがハイブリッド戦略で生み出す「新世代ISP」が
この「Ubiquitous HUB」の役割を担います。

20070611-s-66.JPG

ISPユーザーは現在支払っているコストをおそらく殆ど変えずに、
通常の「トリプルプレイ(回線+IP電話+動画)」に加えて、
Ubiquitous HUB 環境をご利用いただけるようになるでしょう。
(サービスによっては当然付加料金になりますが、、、)

回線+IP電話+動画+ユビキタスの「クワッドプレイ」が新世代ISPの
スタンダードとしていきたいと考えています。

20070611-s-67.jpg

その具体的なステップとしては、上のスライドのとおり

既存ISPさんと資本提携を行い関係強化を行い、それらのISPの
プラットフォームをコアコンポーネントAPIに置き換え、
クオリティアップとコストダウンを行います。
(回線で約30%、その他で40%コストダウンが可能な見込みです)

コストダウン分の、ある割合を、Ubiquitous HUB商材の提供に
あてます。ある一定規模の提携ができた末に、統合ブランドを
立ち上げて新規獲得のプロモーションを開始します。

20070611-s-68.JPG

20070611-s-69.JPG

例えばハイブリッド戦略で、資本提携により20万人規模の新世代ISPが
できた場合は、その部分のみで売上げ40億円、利益8億円の
創出が可能となります。

# 可能性論としては、提携ISPの規模によって、中期計画の達成時期が、
# 前倒しされる可能性があります。

20070611-s-70.JPG

ハイブリッド戦略による新世代ISPの売上げは、ブロードバンド化事業、
ユビキタス化事業に コアコンポーネントAPI利用料金として割り振られます。

20070611-s-71.JPG

フリービットは、既存の「スペシャリストモデル(BtoCviaB)」と、ハイブリッドモデルの
併用で、パートナーシップ戦略と、Control Own Destiny戦略を推進し、
SiLK VISION 2010 で掲げている、

2010年4月期で 売上  100億円 経常利益 15億円 東証一部上場

を実現させる覚悟です!!

20070611-s-72.JPG
20070611-s-73.JPG

利益は、これらの取り組みによって、毎年倍増をめざします。

5.中期技術ビジョン

こちらに関しましては、また別エントリーでご紹介させていただきます。

2007.06.13 10:44 AM|TrackBack(0)|FreeBit


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/280




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.