フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
Today

UBS証券主催投資家向けカンファレンス

2007.08.30 09:31 AM

Share

早めに起きて、本日のIR資料の最終調整。

20070828-UBS.JPG

9:30~17:00 UBS証券投資家向けカンファレンスに参加
USB証券が主催する「見えるIR」を実践する場。
証券会社曰く、これから日本の中小型株に資金が入ってくることを
見越しての開催であるとの事。


通常のロードショウは、会社側が機関投資家を訪問するが、
今回は、会社側は用意された部屋で説明をし、機関投資家の
皆さんがその部屋を訪問してくださるという新しいカタチ。

決まった部屋で説明を行えるので、フリービットの商品などの
デモも可能となる。まさに「見えるIR」である。面白い
取り組みだと思った。

個別セッションが5回、そして6名ほどのセッションが1回あった。
すでにフリービット株を結構持っていただいていることに
びっくりした。また、ユビキタス化事業、ハイブリッド戦略の
DTIの将来像には強い期待感を持っていただいていることがわかった。
気を引き締めてがんばる!

合計6回のセッション、しっかりとフリービットをアピールする。
数字などは、9月7日の決算発表まで出すことはできないが、
すでに発表させていただいている内容を丁寧にご説明する。


[本日主に質問をいただいた内容]

Q.DTI戦略の詳細
 資金調達方法、56億円の論拠、今後の戦略

A.今までの発表内容を元にご回答を行う。

<機関投資家の反応>
大変納得していただきました。

----
Q.ユビキタス化事業の進捗

A.ユビキタス化事業は4つの成長領域を設定している

 1.メッセージング事業
  IPビジネスホンは共立メンテナンスとの大型契約に成功した。
  集合住宅向け、テレワーカー向け等の分野特化した形で進捗。
  メッセンジャーは、楽天さんとの協業でしっかりと伸ばしていく。
  WebMailは、ハイブリッド戦略を核に展開を行う

 2.VPN事業
  MyVPN USBノードがHPさんに導入していただくなど、大変
  多くの問い合わせをいただいている。来期に大きな躍進を
  実現できるようしっかりと分野を見極め、代理店さんとの
  つながりを強くしている。

  また、IPv4の枯渇問題から、ニーズは深まると考えている。

 3.通話報酬型広告市場
  ぐるなびさん、インタースペースさんの導入を始め順調に推移している。
  かなりの成長が期待できる分野であるので、こちらも
  しっかりとリソースを投入して展開を行う。

 4.モノ・コントロール市場
  こちらは時間がかかる分野であるが、DTIとの連携も考え取り組んでいる。
  実証実験やトライアルキットなどはすでにいくつかプロジェクトが動いて
  いる。また、SmartPhone対応を行ったことで、問い合わせもいただいている。

<機関投資家の反応>
1~3の数字に関しては期待できると思われるしある程度イメージできる。
4に関しては単価設定をどのように行うのか、どのようなビジネスモデルで
展開するのかというところが鍵になるとのご指摘をいただきました。

----
Q.中期経営計画の見直しなど

A.売り上げについてはDTI単体だけで目標を達成してしまう状況ですので、
 当然SiLK VISION 2010 2.0を作成します。時期に関しては、できるだけ早期に
 発表させていただきたいと思っていますが、DTIとシナジーをしっかりと見極めて
 からにしたいと思っているので現在検討中です。

[機関投資家の反応]
大変期待しています との反応をいただきました。

----
Q.上場の目的や今後の資本増強の方針など

A.上場企業になる意味とは、資金の調達方法を多様化し、企業理念に
 基づいた大きな成長を早いスピードで実現し、さらに大きな次元で
 株主の皆様に還元を行うことだと考えています。

 DTIの買収は銀行借入れ+自己資金で行っており、資本調達の必要は
 無いが、今後の戦略によっては資本増強の可能性はあります。
 その場合も、ポリシーとしては必ず株主の皆様への長期的な利益提供の
 視点に常にたって方法等も検討していくと思います。

[機関投資家の反応]
上場以来、技術を軸に金融手法を利用した展開の速さには驚いているし
フリービットのオリジナリティを感じている。「変な調達方法」でなければ
支持をするのでしっかりとがんばってほしい といった反応を頂きました。


*「機関投資家の反応」はあくまで、投資家の方が発された言葉を元に
 僕のほうでその反応を解釈した内容となっています。

以上がご質問内容でした。


18:00 オフィスに戻って、DTIとフリービットの共同の
ユーザー獲得戦略の原案作りの打ち合わせ。フリービットの
ISP's ISPのノウハウを駆使した概略を作る。

18:40 CEO室スタッフと9/7発表内容の調整

SHI(DTIサポートセンター子会社)に関してのミーティング
   現在の高満足度ノウハウを生かした横展開等を検討。
   (なんと応答率99%以上!)

19:00 フリービット、DTIの今後のホームページに関しての打ち合わせ

それから、ショートミーティング3本程。

今日はさすがに疲れた。。。スタッフの皆さんはまだまだ
がんばってくれているので、一人だけ「疲れた。。」とはいえない!

21:00 帰宅。今日はコンビニディナー。
   実家から送ってもらった大和寿司のチリ酢でとんかつを食べる。
   このチリ酢は絶品! 程よい酸味に疲れが癒される。。。

PS.
本日起床後すぐに、日本証券業協会から発表された貸し株情報に
フリービットの発行済株数より多くの貸し株が行われているという
記載があったとの報告が入る。

理論上ありえないので、すぐに担当部署に日本証券業協会への
確認を依頼する。株主の皆様からIR部署には過去最高本数の
お電話をいただく。確認が取れたのは、午後遅くで結局は
誤記載との事。その事実が確認できたことですぐに、株主の
皆様向けの文章を作成し発表を行うようにIR担当者に指示を
行う。

フリービットで作成した資料などではないので、どうしようも
無いことなのだが、株主の皆様のご心配を思うと、
本当に心が痛んだ時間だった。。。

http://www.freebit.com/ir/ir2007/20070829.html

2007.08.30 09:31 AM|TrackBack(0)|Today


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/321




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.