フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
Today

総務省IPv4枯渇問題に関しての対策会議

2007.09.03 08:52 AM

Share

金曜日は、とても早めに起床して J-SOXのお勉強。
担当部署ではすでにプロジェクトが進行しているが、
改めて全体を俯瞰して見たかったので推奨図書をじっくりと読む。
その後は、9月7日に発表を予定している資料の
チェックなどなど。

出社後は、田中CFOとミーティング。続けて、DTI関連の社内定例。
急遽スケジュールが入って、いくつか案件を調整。CEO室、栗原室長と
ミーティング。続けて、人事関係のミーティング2件。その後、ショート
ミーティングが4本。。。

再び、田中CFOとミーティング。夜も、田中CFOとミーティングを兼ねて
「地酒」でお食事。忙しかった一週間をお互いねぎらう。。。

20070831-ipv6.JPG
NTTのNGN実証実験のショウルームNOTEが入るビル。
NTTのNGNもクローズド環境ではあるが、IPv6を利用する。


本日、総務省で、IPv4枯渇問題に関しての対策会議の分科会が開催された。
フリービットにも参加要請をいただいていたので、R&D 大泉GMに代表して
参加してもらった。実際に大規模にIPv6を動作させているフリービットの
実例に対してのケーススタディの機会提供の強い要望をいただいているようだ。

会で検討される方法としては、

1.IPv4のアドレスをトレードできる方法を検討
2.ネットワークの上流でNATを行う
3.IPv6を利用する


の3つのようだが、村井先生もおっしゃっているように一番簡単かつ、
抜本的な解は3のIPv6を使うこと


他の解は、結局は「問題の先延ばし」にしかならないと思う。

その具体的な方法として、フリービットは仮想化によるアプローチを
提唱してきて、Feel6/EmotionLinkによって実サービスとして長期間に
わたって開発&運用を行ってきた。

フリービットは、ブロードバンド化事業によるISP、インフラ運営と、
ユビキタス化事業による、家電をはじめとする機器開発とメンテナンスの
両方を知るベンチャーとしては珍しい存在である。これらの二つの視点から
すでに具体的な「解」を準備することができている。

「鶏が先か、卵が先か」の議論に具体的な着地点を見出だす事に
少しでも貢献できればいいと思っている。積極的に活動を行って
いきたい。

2007.09.03 08:52 AM|TrackBack(0)|Today


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/323




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.