フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
FreeBit

「ユビキタス開発者」に向けた支援プログラムを発表!

2008.04.18 11:33 AM

Share

フリービットでは、ユビキタス化社会実現に向けての裾野を広げる事を
目的として、未来のユビキタス社会の開発環境を「今すぐ」利用できる
SemantiqNode API デベロッパプログラム」の提供を開始いたしました。

20080418-sndev.jpg

SemantiqNode API デベロッパプログラム
http://www.freebit.com/press/pr2008/20080418.html

開発者申請ページ
https://secure.freebit.net/semantiqnode/


1.SemantiqNode API とは?

SemantiqNode APIは、発表のとおり、世界初のIPv6&マッシュアップ対応の大規模
分散型コンピューティング環境
であり、自分のパソコンを
あたかもデータセンターに設置されているサーバのように利用して、
自由にさまざまなサービスを構築することができます。

[例]
・PCによる動画配信
・スライドショウサービスとのマッシュアップ例
 (当ブログ左側に表示されている UbiqPhoto dsn)


2.SemantiqNode API SDK(開発キット)

 SemantiqNode API でさまざまな開発を可能になる開発者向け環境です。
 こちらもすでにプレスリリースさせていただいていましたが、

 PC内の各種リソースに対して、標準的なhttp形式(URL)で機器へアクセス
 できるようになる ことが大きな特徴となっています。
 Webを超えた世界観を実感できる開発環境となっております。

 例えばPCに接続したWebカメラにリアルタイムにURL形式で
 アクセスを行い、他のサイトとマッシュアップしたサービスを
 構築することができます。

 また、プラグインを作成したら、さまざまな機器を動かすこともできます。

  http://dream.jp/demo/snode/
  SemantiqNode API SDKを作って開発されたデモ。
  Google MAP + Webカメラ + 電灯&ターンテーブルコントロール


3.[本日発表]SemantiqNode API デベロッパプログラム

 2のSemantiqNode API SDK(開発環境)が各種特許申請作業が終了して、
 実際に開発者の皆様にご利用いただけるようになったことに加え、
 開発者としてご利用いただくために必要な、DTI Ubiqプラン契約を
 開発者登録を行っていただいた方には無料でご提供いたします!

 SemantiqNodeの開発環境を利用するには、DTIのUbiqプラン(他の
 接続付きプランでも可能)に加入していただく必要があるために
 利用していただく敷居を低くいたしました。

 SemantiqNode API SDKで開発いただいたサービスを利用するためには
 DTIの契約は必要なくすべてのインターネットユーザーに対して、
 開発したサービスを開放することが可能となります。
 (実際に誰でも、1や2のデモをご利用いただけています)

 フリービットでは、来たるべくユビキタス社会を牽引する
 開発者の方々と積極的なコミュニケーションをとりながら、
 ユビキタス社会実現に向けて貢献をしていきたいと思います。

 まずは、少しでも多くの方々に使っていただきユビキタスをより多くの方に実感いただくこと

 を重視して、ユビキタス化を推進していく開拓者としての役割を
 担っていきたいと思っています。

 ユビキタス時代に向けて、一歩一歩粛々と進んでまいります。

2008.04.18 11:33 AM|TrackBack(0)|FreeBit


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/425




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.