フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
China

中国企業家#2「上場1周年」

2008.06.02 09:10 AM

Share

中国企業家のコラムの第二回が掲載されました。
第一回目のコラムが大変評判が良かったようで、本誌掲載も今月から
始まっています。本誌の発行にあわせて、月二回のペースで執筆に
取り組んでいきたいと思います。


第二回目は、上場一年を経過して、一年間の取組みのフレームワーク、
自分自身への自戒、そして、中国の過熱感のあるIPO市場に
対するメッセージも含めて、「上場一周年」というタイトルで執筆してみました。

------------------

僕が経営するフリービット株式会社は、2008年3月20日に上場1周年を迎えました。

先月、2007年の1年間(2007年1月1日-2007年12月31日)の新規IPO企業の
上場後のパフォーマンス(投資情報サイト「東京IPO」調査)と、新興市場
上場企業の2007年度(2007年4月1日~2008年3月31日)の
年間値上がり率(日本証券新聞調査)を示す二つの調査結果が発表されました。

フリービットは、その二つで一位を獲得することができました。

株価は市場が決めるものですので、株価の高低に関してはコメントしないことを
ポリシーとしていますが、昨年の日本全体の株価に「元気がない」と言われる中、
株主の皆さんに「1位」のご評価をいただけたことは、大変喜ばしいことであると
感謝しています。

上場1年生の社長として心がけてきたことは、


1.有言実行
2.透明性の高い情報開示
3.誠実であること

の三点です。

昨年6月に中期経営計画を発表し、まず明確な会社のビジョンと3年後の目標数値を示し、
株主と顧客のコンセンサスを得てから、その計画を懸命に努力して粛々と実行しています。
売上/利益ともに前期比大幅のアップを目指し(3/10発表予想より)、昨年6月に発表した
中期経営計画も1年前倒しでの達成(SiLK VISION 2010ver.2.0)を目指しております。

まず方針を示し(有言)、それを実現する(実行)事によって、一歩一歩株主と顧客の
コンセンサスを得ていくことが大切であることを学びました。

また、そのコンセンサスを得ていくためには、透明性の高い情報開示が必要だと思います。

フリービットでは、1年間に 69回のIR/プレスリリースを行いました。
また、僕の自身のBlogでも、インサイダー情報に十分留意しながら、164回更新し、
自分自身の考えや取組みも積極的に発表してきました。
(その結果「CEO」で検索すると、日本Googleで31番目、日本Biduで35番目に
僕のBlogが出てくるようになりました!2008/5/7日時点)

当然、IR(Investor Relations)とは、株価を上げるための物ではなく株主との“継続的な”関係
作りですので、いい情報だけでなく、悪い情報が発生した場合も即座に開示し、その
理由説明を行ってきました。

これらすべてのことを「誠実」に取り組んできたことが、1年間の評価につながったのだと
考えています。

ソニー創業者、盛田昭夫氏は

「“競争に勝つ”ということは“時間を稼いだ”ということに過ぎない」

と言われました。“稼いだ時間”を最大限に有効に活用して、次への成長に向けて努力をし
ていきたいと思っています。

PS.
中国での事業準備も着々と整ってきました。
上海のIT企業の皆さんからもポジティブな反応をいただいています。
次回は、日本で評価をいただいているフリービットの事業の内容とアジアのインターネット事情などに関してお話できればと思います。


2008.06.02 09:10 AM|TrackBack(0)|China


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/443




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.