フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
China

中国企業家「本質に帰る事」

2009.03.03 11:05 AM

Share

[中国企業家 2009年2月号掲載]

20080414-cnemag.jpg

2008年は、百年に一度といわれる金融危機を迎え、日本経済においても日経平均株価が
過去最大の下げ幅を記録して終わった。日本は一年間で時価総額で約4割を失ったことになる。

その中で、FreeBitは過去最高売上・最高利益を達成(半期)し、そして株価も年間で28%
上昇して終わることが出来た。IT産業でありながらも、景気に左右されない事業構造で
あることを証明することが出来た。

この事業構造構築にあたっても、重要な「先人の言葉」があった。

「企業は、価値を創造するものである。」

2005年、僕のメンターである出井伸之氏(当時ソニー会長)から頂いた言葉である。

当時日本は、僕と同年代の起業家達が経営するベンチャー企業が、時価総額を
レバレッジさせて、所謂、優良「オールドエコノミー」企業を華々しく買収し、規模だけでなく
優良な事業内容を急拡大させていた。

FreeBitは当時、新しい技術開発に成功し、業績的には最悪の時期を脱し、
やっと黒字に転換し始めた段階であり、初めて経営者人生で「焦り」を感じた
時期でもあった。

FreeBitのビジネスモデルは、広告を収益の中心とした大多数のIT企業と一線を画するために
最初の立ち上がりには時間がかかる。参考のために少し説明する。

FreeBitは「先のインターネット世界」を見据え、インターネット普及のボトルネックを解消する
各技術を開発し特許を取得する。例えば、ダイヤルアップ接続では電話料だけで無料で
接続できる技術、ブロードバンド接続では、利便性をかえずに利用帯域を30%程削減する技術、
次世代インターネットでは、既存ネットワークに手を加えずに仮想的にIPv6を利用可能にする
技術などである。

そして、これらの特許技術で最終サービスを作るのではなく、最終サービスを作る部品(API)を開発し、
この部品を最終サービスを開発する企業にエンドユーザー数に応じて月額で(15元~300元/User)
貸し出すというBtoBtoCというモデルだ。

GoogleのAPIで様々なサービスが生み出されるのと同様に、ソニー、オムロン、松下電器など
家電メーカー、200社程のISPがこの部品を利用してサービスを提供している。


市場を選ばずに上場を急ぎ買収レースに参加するべきか、それともじっくりと技術と事業構造を
強化していくべきか。

その時にいただいたのが出井氏の先の言葉であった。

そして、「今のITベンチャーの企業買収は、自分から見ると単なる[価値の移動]のように見える。
FreeBit はITにおいて数少ない価値を創造する企業だと思っている。だから自分が応援している。
焦る必要はない
」と言葉を続けられた。

目の前に青空が広がった瞬間だった。

その言葉を愚直に信じ、コツコツと特許技術を開発し、10元~300元程の継続課金を
積み上げることで、その後4年間で、売上を2億元から、7億元(今期予定)を超える規模に
まで成長させることが出来た。

安易に広告によるビジネスモデルを構築しなかったことが、地味であるが景気動向に
左右されにくい事業構造を生み出した。

現在はあらゆるものの変化が激しく、経営者が決断を下す論拠が乏しくなってきている。
こんなときこそ、本質に帰る事が必要だと思う。

「企業は、価値を創造するものである。」

フリービットも積極的な買収を行っているが、これは「価値の移動」ではなく、
フリービットの技術と組み合わせることで「あたらしい価値の創造」を
行うことが出来る場合に限定している。

2009年、年始の目標で「飛躍」という言葉を設定した。
企業家人生で初めてのアグレッシブな目標である。

中国ビジネスにおいても、市場調査の第一段階が終了し、いよいよ活動拠点を、
上海から北京に移す。日本人スタッフを中心とした準備フェーズを終え、いよいよ
優秀な中国人スタッフを中心とした本格的な事業立ち上げを行う。

FreeBitの中国名は「飛比特」。本質を見極めながら飛躍を狙いたい。

2009.03.03 11:05 AM|TrackBack(0)|China


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/521




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.