フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
FreeBit

MEX社 TOB成立と今後の方針のお知らせ

2009.03.16 09:39 AM

Share

先週金曜日に告知させていただきましたとおり、2月13日より開始しておりました
メディアエクスチェンジ株式会社に対する株式公開買付けは83.1%の
株主様に応募いただき、下限を大きく超えたことによりまして無事成立いたしました。

公開買付けに応じていただいた、メディアエクスチェンジ社の株主の皆様
本当にありがとうございました。

今後は、現MEXの経営陣、スタッフの皆さんと綿密な連携をとりながら、
フリービットが目指すSmart Infraの戦略的存在として、企業価値向上に
可及的に速やかに邁進していきたいと思っています。

DTIの買収におきましては、買収後 約2年弱の間に、FBとの統合プロジェクト
「Phoenix One」におきまして、サービス評価の向上(MM総研「基本・付加価値
サービス1位獲得)」)と、約10倍の利益水準を達成することが出来ました。

MEXでも同様の「迅速、大胆、かつ丁寧な」取組みを行って行きたいと思ってます。


現時点での我々のMEX事業に対する考え方を少しご説明させていただきます。
詳細は、4月に予定しておりますフリービットの次期中期経営計画の発表の際に
ご説明させていただきます
。本日は、アウトラインのみをご説明いたします。


1.MEX事業に対しての前提

MEXは資本政策などでの混乱があり、数年間「時間が止まっていた」状態にありました。

その間に世間のデータセンター事業は、市場の成熟度が進みネットワーク技術による
差別化だけでは競争優位が確保できない段階になりました。サーバーの仮想化等の
新たな抽象化への取組みを含めた「あたらしい技術潮流」への素早い対応のほか、
ブランディング/マーケティング戦略、財務的な視点も加えた総合的な経営力が
必要
とされる時代となっています。

すばらしいリソースがありながらも資本政策などで生まれてしまった
「失われた数年」を取り戻し、追い越していくために強い意志を持って
改革を断行していく必要があります。


2.シナジーの方向性


 「MEXのネットワーク技術力をFBの経営力/技術力で最大限にレバレッジさせ、
  Smart Infraの実現を目指す」


3.今後の方針(詳細は4月に発表いたします。現在はアウトラインと解釈ください)

[止血フェーズ]

・現在年間約5億円の赤字ですが、来期中に営業利益ベースでイーブンに戻します。
 (MEX単体が収益イーブンであれば、連結では逆暖簾が営業外収益に貢献します)

・インフラ事業を1年間で収益改善させるためには大変な努力が必要ですが、
 そのための早期のアクションを断行していきます。遊休スペースの縮小や、
 財務的なリストラクチャリング、フリービットグループとのネットワーク環境の
 統合を早期断行します。

[成長フェーズ]

詳細は現在ではお話できませんが、既にアップサイド増加に向けたいくつかの動きを
行っています。ポリシーは、フリービットの次期中期計画であるSiLK VISION 2012で
発表できるかと思います。

4.スケジュール

 4月発表予定の次期中期経営計画「SiLK VISION 2012」に数字を組み込みます。


現在、フリービットグループは、次期中期経営計画SiLK VISION 2012に向けて
着々と準備を進めています。「あたらしいインフラはあたらしい発想を生む
というコンセプトの元、今年は「飛躍」を目指してまいります。

MEX事業の「失われた数年」を取り戻し、更に他社を追い越していくためには
相当な覚悟を持った取組みが必要だと認識しています。しかし、我々は
この勝負に必ず勝つ決意です。

2009.03.16 09:39 AM|TrackBack(0)|FreeBit


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/522




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.