フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
Today

IPv4アドレスの割り当て終了まで残り1年

2009.10.23 11:24 AM

Share

日経新聞に、世界のIPアドレスの割り当てを決めているICANNのロッド・ベックストロムCEOが、

「(現行のIPアドレス体系である)IPv4に基づいたIPアドレスの新規割り当ては
2010年10月が本当の最後になる」

と発言した旨の記事が掲載され、今日は、僕の元にもひっきりなしで
この件で連絡が入っています。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091022AT1D220AW22102009.html

これは、繰り返しFBが述べてきた、IPv4の枯渇とその解決への対応の必要性を
裏付ける発言となります。

日本では、ブロードバンドユーザー数、携帯電話の新規登録数共に頭打ちとなって
いるために、まだ、延命手段によって生き残る方法もあるかもしれませんが、
中国をはじめとする新興国では、IPv6へのシフトは本当に「待ったなし」の
状況になっています。
(チャイナテレコムだけでADSL契約が年間1800万件増えています!)

フリービットは、ISP's ISP事業を持っているためにこの「割り当ての困難さ」は
本当に実感しています。毎月3万人程の新規接続ユーザーを収容する為の
IPv4アドレスの確保は本当に難しくなってきています。事実、割り当て団体
からは、「あと2回の割り当てで最後」といわれています。
本当にそうなるのだと思います。

同じ話は、先日北京でお会いした、Google副社長であり「インターネットの父」と
言われるヴィント・サーフ氏もされています。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20091015/207194/

ユーザーの接続環境だけでなく、クラウドコンピューティングを支える膨大なサーバー群も
IPアドレスを数多く消費します。やり方次第でIPアドレスを消費せずに構築できるという意見
もありますが、結局仮想サーバー最大手のAmazon EC2においても、「ユーザーニーズ」に
よって固定IPアドレスの割り当てサービスが始まりましたし、新規の同様のサービスに
おいては固定IPアドレスの割り当てがセールスポイントになっています。

1台のPCサーバーに100以上の仮想サーバーを立ち上げて運用しているサービスもあり、
そうなるとたった1台のサーバーで100以上のIPアドレスを消費します。1ラックにサーバーが
20台集約されるとデータセンターのわずか1スクウェアで2000 IPを消費するわけです。

また、iPhoneを代表としたSmartPhoneも勢いを増しています。3年間で2億台を超える
SmartPhoneが世に出ます。SmartPhoneはIPアドレスを消費します。携帯電話は
常時接続なのです。本当にその数のプライベートアドレスを管理できるでしょうか?
(あるCATVサービスでは、プライベートアドレス自体が枯渇したという話もありました)

新興国を中心に、フリービットの蓄積してきた技術と経験へのニーズが本当に
高まっています。

20091023-baidu2.JPG

先日は、IPv6とServersManプラットフォームについて、Baiduの李CTOと意見交換を
させていただきました。

李CTOは中国最大の通信機器メーカーである華為(ファーウエイ)の成長において
重要な役割を果たされ、昨年Baidu入りされた伝説的人物です。氏といろいろと
意見交換させていただいたことは、中国市場を学ぶ上でも本当に勉強になりました。

DVDのプラットフォーム争いのときに、CD技術を多く再利用できるソニー陣営仕様と
新しい東芝陣営仕様とでは、容量が大きな東芝陣営仕様が実質的には勝利を収め、
逆にBlu-rayのプラットフォーム争いでは、DVDの技術などを多く再利用できる
東芝陣営仕様と、容量が大きなソニー松下陣営の仕様では、ソニー松下陣営が
勝利を収めました。IPv4とIPv6 どちらが優れているかは明らかです。

また、マイクロソフトはWindows7においてWindowsXPとの互換性を担保するのに、
Windows7に特殊なコードを入れるのではなく、仮想化技術によって解決しました。

フリービットが持っているEmotionLinkも同様です。
優れているIPv6にまずはIPv4のよさを生かしながら仮想化で実現する。

しっかりと先を見据えて、リソースの投資を行っていきたいと思っています。

積極的に行ってきている投資のマイルストーンとしてその内容がご紹介できる
ものがだんだんと出てきています!

2009.10.23 11:24 AM|TrackBack(0)|Today


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/568




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.