フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
Today

冬の中国!

2009.11.20 13:06 PM

Share

11月頭のグループを貫いた組織編成を終え、火曜日から中国に来ている。
本格的に冬の滞在は初めてなので、寒さを実感している。

# ユニクロのヒートテックは本当にすばらしい!!

20091120-witerchina.jpg
雪が残る北京の風景。

中国事業も「準備室」という三文字が組織名からもう少しで消え、
本格運用の段階に入ってきている。少し遅れてしまったが、
本当に力強く進捗していることを実感している。

中国事業においては、

政府・大手企業が集まる北京拠点
個人の消費が集まる上海(無錫)拠点

この二つをしっかりと押さえていくことが必要である。

FBの中国進出は、2002年に始まっている。
4年間かけていろいろな調査を行い、

2006年にSiLK NOCを無錫に設置。継続型課金サービスの固定費となる
24時間サービスの運用が現地と同じコストで出来る体制を作った。
SiLK NOCは、FB本体の監視・運用コストを劇的に下げることにも貢献した。

中国は通信事業が規制されているために、FBの得意とする分野は
膨大な市場があるにもかかわらず、進出が極めて困難だった。

時間をかけて一つ一つ勉強し、2008年3月末に上海事務所を開設
具体的な市場開拓に入った。その後BIIとの提携を行い、北京をベース
とした市場の「総本山」に足を踏み入れることに成功した。2009年の6月には北京に
新拠点を開設し、プレセールだけでなく、先行して仮想化ラボを設置し、現地R&D体制を整え、
仮想化製品の開発にあたってきた。

しかし、まだFBが中国での事業会社を設立できているわけではない。
手続き等で遅れが出てしまっていたが、悲願の事業会社設立に向けて、
本当にあともう少しという段階だ。

ビジネス案件は、北京、無錫とも驚くほどの「案件率」を誇っていて、
案件自体はかなりつみあがってきている。

中国事業の進捗がなかなか発表できずに投資家の皆様からは「早く教えて!」と
依頼をいただいているが、全貌をご紹介できる日が近づいてきている。
今までの漠然とした「予感」が「実感」に変わると信じている。

いよいよ、投資期間から回収期間へ。

イノベーティブな挑戦なので失敗することもあるかと思うが、
「早く動いて、早く失敗して、早く修正」していく。これを
繰り返していくことで必ず、他社よりも先に進めると信じている。

本当に、かなりハードスケジュールだが、不思議に疲れを感じない。
今が本当に勝負の時なのだと思う。

2009.11.20 13:06 PM|TrackBack(0)|Today


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/573




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.