フリービット会長・石田宏樹のパーソナルブログ

石田宏樹 / Atsuki Ishida
フリービット代表取締役会長
トーンモバイル代表取締役社長
Profile

QRコード

Mobile A's BIT WORKs

Bit Tweeting

お気づきの点がございましたら
こちらへご連絡ください。

New Feature(このブログの新機能)

Ubiq Photo
画像スライドショーアクセサリ。
アーキテクチャーとしては、
・「あちら側」の写真は、Blogサーバに保存
・「こちら側」の写真は、Emotion Linkを使って自分のPC(こちら側)に保存

Semantic Search
一文字入れる毎に検索を行う「インクリメントサーチ」。
メモリ上に簡易データベースを構築し、100m secで瞬時にブログコンテンツを探し出します。

Sense to Live
リンク先のページを先回りしてサムネール表示。快適な閲覧をお楽しみいただけます。


A's Link(関連サイト)


トラックバック


RSS

  • XML


Semantic Search

LAST REBUILD 2015.12.18
717 ENTRIES
FreeBit

2010/4 通期決算/中国 Aigoとの提携発表

2010.06.14 13:59 PM

Share

6/11にフリービットでは、2010/4通期決算の発表、今期(2011/4)の業績予測、
並びに、中国最大規模のコンシューマーエレクトロニクス企業であるAigoとの
ServersManに関しての、包括提携の発表を行いました。

20100611.JPG
機関投資家、メディアの皆様あわせて約100名にお越しいただきました。
お忙しい中ありがとうございました!

詳細に関しましては、既に動画を公開しておりますので、
是非ともこちらを御覧下さい。

http://www.freebit.com/ir/movie/2010-06-11_FLV/index.html


1.2010/4通期決算、2011/4業績予測に関して

当エントリーでは、ポイントをご説明いたします。


2010/4は、SiLK VISION 2012における初年度にあたり、

・IPv6&仮想化において世界No1となる
・売上100億→300億/利益15億→45億と3年間で成長する

為の「準備の年」と位置づけ日々事業推進を行って参りました。

P/L
売上高 147億 900万円 (前年同期比 +36.6%/予想値 -5.1%)
純利益 10億2200万円(前年同期比 -38.9%/予想値 +2.2%)

B/S
純資産 78億3400万円 (前年同期比 +25億4300万円)
自己資本比率 47.4%(前年同期比 +16.4%)

となり、P/L B/Sの両輪で企業としてはバランスをとりながら、
大幅な成長を果たすことが出来ました。

20100611-36.jpg

「準備の年」にふさわしく、構造改革と大きな投資を行いながらも、
一定の成果を出すことができたと認識しております。
(1年間で10プロダクト以上を生み出したのは、フリービットの歴史
でもはじめてです)

ただし、期初予測とのズレが生じてしまったことに関しましては、
経営者としての責任を感じるとともに、業績予測の作成と公表に
関しましては、動きが早く急激に成長している状態においては、
この1年単位の予測を行う作業は困難を極めますが、徹底して
細部までロジックを積み上げて作成して行く重要性を真摯に
受けとめています。

(またその他、DTIの構造改革が期初計画と比較して、結局は
1年遅れてしまったこと、新営業体制の構築も半年の遅れが
生じてしまったことの2点に関しても同じく経営者としての
責任を感じています)

その反省に基づき、今期(2011/4)の業績予測においては、


1.ロジックが積み上がっていない「期待値」は一切入れない
 →市場性から見て「あるべき成長性」は当然組み入れます
2.買収案件は確度が相応のものであっても入れない
3.競争力の落ちている事業に関しては、競争力を上げる
 施策コストを割り当てる

という方針に基づき、予算作成を行いました。

昨年末に下方修正を発表させていただいた後から、この過ちを
二度と繰り返さない為に徹底した翌期予算の作成にとりかかり、
ほぼすべての週末を経営陣、各子会社、各部署との合宿に
割り当て、ロジックを理解し、積み上げてきました。

早く動いて、早く失敗して、早く修正する という社是に
従って、業績予測作成と公表の方法の失敗に関しては
修正を行いました。


2011/4 業績予測

売上 170億 (2010/4期比 +15.6%)

 ・中国事業の売上目標は10億円ですが、こちらは持分法ですので
  利益の一部だけの計上となり売上には含まれていません。
 ・MEXの「リアルiDC事業」の事業譲渡を想定して昨年比 10億円が
  減少しています。

   昨年度と同じ状況での比較となりますと売上190億相当となりますので、
   29%強の成長となっております。

営業利益 9億円 (2010/4期比 +120.8%)

  上期に関しましては、

  ・Aigo JVでの複数ラインナップの集中開発
  ・FBIIにおけるキャリアからのIPv6受注に向けた投資
  ・MEXの売却に向けての整理等のコスト
  ・DTIのユーザー獲得施策への投資拡大
  ・その他事業立ち上げ

  を予定していますので、赤字となる見込みです。
  難しい決断でしたが、今後の成長を考慮して、このような
  決断を行いました。これらの投資の結果下期では、10億円
  程の経常利益が積み上がる予定です。

  発表会で不透明さがまだある部分として、中国でのIPv6事業の
  受注経験がないという事をあげさせていただきましたが、
  当初より予算に持分法分のコストしか計上していないので、
  通期数字に関してのズレは極めて軽微であると思われます。
  最重要パートナーのBIIとしっかりと協力して、受注を目指して
  行きます。


当期純利益 6億円(2010/4期比 -41.3%)

  2010/4期までは、税務上の繰越欠損金が存在したため通常より低い水準の
  法人税負担率でしたが、これまで利益を積み上げて来た結果、ほぼ通常の
  税負担となることを見込んでいることが2010/4との大きな差異となってます。


20100611-70.jpg

また今期からセグメント別の開示(利益も含めた)を行うことを
予定しています。

・ISP's ISP事業(ブロードバンド化を支える回線系/ISP向け商材)

・iDC's iDC事業(クラウドを支える仮想化を中心としたサーバー環境、
         クラウド上で動作するアプリケーション)

・Maker's Maker事業(ユビキタス家電を生み出す、新時代の理想工場を目指す)

・広告/その他(SI)

 広告事業は、一番最初に発表したSiLK VISION 2012にでの
 「4つの成長領域」において、「アド・テクノロジー事業」として
 2010/4に10億円を生み出すとお約束しておりましたが、
 結局は2億円しか生み出すことが出来なかった領域です。

 フリーミアムで語られるように、これからbitの世界は無料化
 備える必要があります。我々も長期成長の為には、フリービットの
 技術に支えられた広告収入分野を早急に開拓する必要があると
 考えています。分野が違うために参入が遅れていましたが、
 今期からは積極的に取り組んで行きます。

 まず第一弾として、無錫自由位をServersManとソーシャルアプリを
 連携させるプロダクトを生み出す専業の会社として設定しました。
 中国、米国、そして日本向けのプロダクトを生み出して行きます。

 現在は、コアコンポーネントを「継続課金」方式で販売をしていますが、
 もう一つの収入の軸として「広告収入」ということに取り組みます。


中期計画SiLK VISION 2012に関する方針に関しましては、7月末に
発表させて頂く予定です。


2.愛国者(aigo)とのServersManにおける包括提携に関して


Aigoとの提携は、日本においてFBが起業期にSONYとの提携を
行うことができたのと匹敵する大きな事だと認識しています。

http://www.freebit.com/press/pr2001/20011210.html

フリービットは、ソニーとの提携で、ソニー初のネットワーク家電である
チャンネルサーバー/Cocoonの開発を経験し、その経験から、Emotion Linkが
生まれました。

Aigoは、中国最大規模の信頼されたコンシューマーブランドです。
このような提携ができた事は、Aigoに感謝するとともに、
大変誇らしく思っています。

(「愛国者(aigo)」社に関するより詳しい情報はこちら(英文)を御覧下さい)

20100611-111.jpg

デジタル家電、PC、Androidタブレットから、携帯電話まで製造しており、
直営店で100店舗、代理店は3000店舗に達します。

20100611-116.jpg

非上場ですので、売上などは公開されていませんが、
F1のマクラーレン、サッカーのマンチェスターユナイテッド、
北京オリンピックのオフィシャルスポンサーを努めるだけでなく、
中国初の有人ロケット「神舟6号」の録音設備はAigoが提供しています。

MP3/MP4(動画再生機能付き)では、中国トップシェアでiPodを
凌駕しています。また、フォトフレーム、モバイルストレージに
おいてもトップシェアです。

ブランド価値 1500億円と言われ中国では「誰もが知るブランド」です。

中国事業においては、

1.キャリア/政府向けのIPv6移行市場
2.家電/M2M市場
3.法人向け市場

の三つの領域において、フラグシップ戦略(トップ企業と提携する)
をとってきました。

1年間の活動の結果、

1においては、最重要パートナー企業のBIIの多大なる貢献によって、
チャイナテレコムの技術審査を通過し、実サービスネットワークに
おいての実証実験が見えるところまで来ています。また、3においては
FBIIにおいて仮想化サービスの開始を着々と準備しています。

今回のAigoとの提携は、2となります。

Aigoは、子会社であるEXEMODEの藤岡社長の紹介によって道が
切り開かれました。藤岡社長の長年の堅実なビジネス姿勢が、
すでにAigoから高い評価を受けており、まずは、EXEMODEが2009年6月に
日本におけるAigo製品の販売総代理店の契約を獲得いたしました。

同時に、フリービット本体とAigoとのユビキタス製品の製品共同開発と
中国市場においての製品リリースの可能性が開かれ、その検討の中で、
ServersManに対して極めて高い評価を頂き、単なる製品共同開発ではなく、
お互い中国における同分野で「結婚」して、Feng総裁のポリシーである
1+1=2 ではなく、1+1を11にすることを目指す取り組みに発展しました。
約1年をかけた提携への歩みでした。

年初のラスベガスでも交渉!
http://atsuki.net/archives/2010/01120940.html

20100611-107.jpg

この提携過程において、Feng総裁一行は極秘に来日され、フリービット
関連施設、技術の視察の他、出井社外取締役にもお会い頂きました。

また、その一ヶ月後には、出井取締役と北京で合流し、Aigoに訪問
頂き、Aigoの事業内容なども出井取締役の目からもしっかりと
見て頂き、今回の「結婚」となりました。

20100611-106.jpg

AigoとのJVである、Smart Cloud社は、IPv6プラットフォームの
開発/ライセンス企業です(サービスの実運用はFBIIで行います)

Aigoは、Smart Cloudからライセンスを受けて、製品を早期に
市場に投入する予定です。(aigoはフォトフレームだけで年間100万台
以上を出荷しています)

また、Aigoは先日、Android搭載のタブレット AigoPadを
一気に5機種発表しており、プレゼンテーションには
IPv6対応の文字も見えますね。
http://anhuioss.blog13.fc2.com/blog-entry-307.html
(Android/OPhone雑記より引用させていただきました)

同時に、SmartCloud社は、Aigo以外のメーカーに対しても
積極的にセールスを行っていきます。

既に積極的な共同開発を行っており、中国独自のマーケティング慣習、
ユーザーインターフェースに関しての考え方 等々、多くのことを
学んでいます。

中国進出から8年かかって、また一つ大きな可能性をつかむことが
出来ました。時間はかかりますが、ぶれずに一歩一歩着実に、
歩を進めていきたいと思います。

2010.06.14 13:59 PM|TrackBack(0)|FreeBit


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://atsuki.net/mt-tb.cgi/586




Copyright © Atsuki Ishida. All Rights Reserved.